読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってから歯並びを気にしてしまう方

子どもの頃に矯正しなかったために、大人になってから歯並びを気にしてしまう方は少なくありません。特に、上顎前歯の歯並びが悪いと、人前で口を開けて笑う事に抵抗を感じてしまうでしょう。

 

前歯の悪い歯並びを治すには、基本的には矯正歯科で治療を受けることになります。

現在、成人している方が矯正治療を受けることはそれほど珍しくはありませんが、費用が高額で治療期間も2年以上かかることが多いので、誰でも気軽に治療を始められるわけではありません。

できるだけ短期間で前歯の歯並びを直したい場合は、オールセラミック治療がおすすめです。前歯4本をオールセラミックにするだけでかなり美しい口元になります。

 

オールセラミックは人工歯の中でも特に美しい歯なので、天然の歯を削って入れてもらっても後悔することは無いでしょう。しっかりとメンテナンスをしていくことで、末永く美しい前歯を維持することが可能です。安い費用で前歯の歯並びを綺麗にしたい場合はJapan Dental Frontier(JDF)と提携しているクリニックがおすすめです。

JDFは低廉な値段でオールセラミックの歯をクリニックに提供しています。経済的負担をそれほど心配する必要なく、前歯4本をオールセラミックにしてもらうことが可能です。


歯並びを治してから笑顔にも自信が持てるようになり、人前に出るのが億劫でなくなった、という話も聞いた事があるのではないでしょうか。

 

北米では歯並びや歯の色はビジネスにおいてもとても重要で、子供の頃にしっかりと歯列矯正をしたり、日常的に歯のホワイトニンググッズを取り入れる人が沢山います。

日本では八重歯はチャーミングポイントになったりもしますが、他の文化圏では受け入れ難いものです。

このような他国の影響などもあり、日本でも歯並びを治す人が増加傾向にあります。またそれだけではなく、歯並びが悪いと歯のかみ合わせも悪くなり、肩こりや腰痛、頭痛といった体の不調にも繋がりますし、歯磨きを正しくするのが難しいため、虫歯や口臭の原因にもなります。

健康に様々な影響を与えるますので、体に不調をきたす前に、歯並びについて歯科医師に相談する方が良いでしょう。

かつて歯科矯正は決して安いものではなく、施術に時間が掛かり、銀色のワイヤーを長期にわたって装着しなくてはならないといったイメージでした。しかし技術は発展し、透明でほとんど目立たないもの、安い金額で、簡単で、痛くない、前歯のみの矯正、など多種多様な要望に応じられるようになってきています。

 

歯並びを治すなら、思い通りの美しさが手に入るオールセラミックをおすすめします。

最近はオールセラミックを安い料金で受けられる歯科が増えており、1本47,000円という価格を提示するところもあります。歯並びをキレイにするためには、前歯のバランスが特に重要となるのです。

芸能人の中でも俳優・女優といった方は、歯並びが総じてキレイになっていますが、下の歯はガタガタになっている方もいるでしょう。しかしよく見ないとわからないことも多く、下の歯というのはあまり目立たないわけです。一般の方が歯並びを治すならば、まずは前歯の上からキレイにしていくのが基本と言えます。

 

オールセラミックで治すことで、審美効果がずっと続いてくれます。インプラントは歯根から治せるのがメリットですが、時間がかかりますし価格も高くなるのです。現在は一昔前より下がりましたが、それでも1本30万円は超えると考えてよいでしょう。

 

オールセラミックだと5万円未満という安い料金で、インプラントに負けない審美性を手に入れることができます。歯根には問題がなくて、歯並びをよくしたいという方にとって最適な治療と言えるでしょう。素材の形状も自分好みに整えることができるので、思い通りの口元を手に入れることができます。

セラミック矯正

出っ歯などで悩んでいる場合、歯列矯正を検討する方は多いと思います。

しかし、大人になってから矯正器具を長い間装着することに抵抗を感じてしまう方も少なくないでしょう。また、治療費が高額になるのも矯正治療のデメリットといえます。

 

もし出っ歯だけを直したい場合は、審美歯科でセラミック矯正治療を受ける方法が効率的かつお得です。前歯4本をセラミックにしてもらうだけで前歯はとても綺麗な歯並びになります。

一般的に、最初の治療で仮歯にしてもらえるのですぐに前歯のコンプレックスは解消されるでしょう。セラミック矯正で使用されるオールセラミックはとても綺麗な差し歯なので、天然の歯を削ることに抵抗を感じる方でも後悔することは基本的にないでしょう。

 

寿命の長い素材なので、自分の歯と変わりなく長年使って行くことが可能です。セラミック矯正は費用的負担が比較的大きくなるのがネックといえますが、ジャパンデンタルフロンティアと提携しているクリニックなら割安な値段でセラミックの差し歯にしてもらうことができます。

費用が高くて一般的な審美歯科では1本だけしか治療できない場合でも、ジャパンデンタルフロンティアの提携クリニックなら4本治療してもらえるくらい治療費が安くなるでしょう。


女性の中には、歯並びの悪さを気にしている人が少なくありません。

モデルやサービス業を目指している人の中には、歯並びを美しくするためにセラミック矯正を行う人も増えています。セラミック矯正というのは、歯並びを改善したいと思う歯やその周辺の歯を削り、歯に被せ物をする治療方法のことです。

歯に被せ物をして、歯並びを美しく揃えて、希望通りの形に矯正していきます。

 

治療中は、歯を削っても仮歯を装着するので、食事の時も問題はありません。仮歯を装着することにより、歯並びを確認することもできます。歯の矯正というと、ワイヤーによる矯正が有名ですが、ワイヤーを使った矯正は、平均して2年以上かかります。

セラミック矯正は、数か月で矯正が完了するので、短期間に矯正したい場合はセラミック矯正を選ぶ人が増えているのです。

 

セラミック矯正を行う場合、歯の状態によっては神経の治療が必要になるケースもあります。セラミックには、金属を使ったセラミックと、金属を一切使わないオールセラミックがあります。

最近は、金属を使わないオールセラミックの人気が高まっています。セラミック矯正は、歯科クリニックによって費用が違うので、正確な費用を知りたい場合は、直接クリニックに問い合わせた方が確実です。


普通の人の歯というのは、歯列がバラバラであったり、差し歯やブリッジなどをしていたりという事で、中々美しい歯というものを自然に手に入れるのは難しいものなんです。

逆に、芸能人は見られる職業という事もあり、色々な芸能人が歯列矯正をしていたりしますので、一般人とは比べ物にならないほど綺麗ですし、誰しもがそんな歯を手に入れたいと考えるものですが、問題はその費用で、イメージとしては一般的に高額になるものだと考えられています。

ですが、セラミック矯正でしたら一般的な歯列矯正に比べましても安く、一般的な歯列矯正でしたら例えば100万円以上はかかるものですが、セラミック矯正の費用は前歯4本で大体20万円ほどとなっているんです。

前歯というものは、人の歯の中でも一番見えやすい部分ですし、セラミック矯正の方は通常の歯列矯正に比べましても時間がかかりづらく、1ヶ月もかからずに終わる事もありますので、早く歯を綺麗にしたいという人にとっては本当にオススメの方法です。

 

人間の歯というものは基本的に年齢を重ねればどうしても差し歯を入れないといけなくなるものですし、それならばいっそ早めにセラミック矯正をして綺麗な歯を手に入れるという方法もありです。

まだ日本では馴染みの薄い治療方法ですので、セラミック矯正という治療方法が歯の矯正方法であることを知らない方もいらっしゃることかと思いますが、治療方法としては、治療をしたい歯を削り、その上からセラミックの被せ物をする治療方法です。

噛み合わせが悪い場合や、八重歯で悩んでいる方、前歯が出ているなど、色々な歯の悩みに答えてくれる治療方法です。これまで歯の矯正というと、ワイヤーを使用した矯正が一般的でした。

 

ワイヤー矯正ですと、見た目にも歯の矯正をしていることがすぐに分かってしまうことや、治療期間が長いことで治療することに二の足を踏まれていた方も多いと思います。

しかし、セラミック治療ですと、治療期間もワイヤーを使用する矯正に比べて短縮でき、見た目も美しい歯をすぐに手に入れられるので、すぐに歯並びを直したいという方は検討する価値があるでしょう。

まだセラミック矯正を対応してくれる歯科が限られていますので、現在歯科医院にかかっていらっしゃる方はまず担当医の先生に治療をしてくれるか相談をしてみて下さい。どのくらいの期間と費用がかかるのかも同時によく確認しておきましょう。

 

一般的な矯正治療と比べて短期間で治療を終えることができる

セラミックは保険適用の詰め物や被せ物と比べると、自然歯に似せた質感や色をつくることができ、審美性が高いことから、事故などで折れてしまった歯や重度の虫歯で失った歯の修復のために使われることが多かったのですが、昨今はその審美性の高さから矯正治療にも用いられるようになっています。

セラミック矯正は、健康な歯を削り、その上にセラミックを被せることで綺麗な歯並びを短期間で手に入れることができるという魅力があります。

 

一般的な矯正治療は年単位での通院が必要となるため、時間をかけずに歯並びをよくしたいというのは大きな魅力といえるでしょう。しかし、一方でセラミック矯正を後悔しないために知っておかなければいけないのが健康な歯を削るリスクです。歯は削るとそれだけ弱くなってしまいますので、歯や歯茎の健康が阻害されてしまう恐れがあるのです。

もちろん、これは定期的にクリーニングを受けるなどのメンテナンスで避けられることですが、治療を受ける前に本当に健康な歯を削ってまでしなければならない治療なのかをしっかり考えることが大切です。特にセラミック矯正のために健康な歯の神経を抜くことをすすめるような治療はやめておいた方がよいでしょう。


一般的な矯正治療と比べて短期間で治療を終えることができるとして人気の高いセラミック矯正ですが、一方で治療を受けたことを後悔してしまう方もいます。セラミック矯正で後悔してしまう原因はいくつかありますが、まず本来であれば削る必要のない健康の歯を削らなければいけないことから起こる様々なリスクが挙げられます。

 

昨今は虫歯治療においても、できるだけ削る量を少なくするというのが主流になっていますが、それは歯は削れば削った分だけ弱くなってしまうことが分かっているからです。

つまり、セラミックを被せるために健康な歯を削るというのは、それなりのリスクを伴うといえます。

例えば、虫歯や歯周病のリスクです。どれだけ丁寧にセラミックを被せたとしても、被せた歯と歯茎の境目は出来てしまいますので、そこから虫歯菌や歯周病菌が増えてしまうことがあるのです。また歯周病が進行して歯茎が下がると、セラミックと自歯の境目が目立つようになってしまうこともあります。

ただし、治療後も定期的なメンテナンスを受けることでこうしたリスクを軽減することはできますので、治療を受けて後悔しないために治療前に歯科医からメリットだけではなくデメリットの説明をしっかり受けて、納得した上で治療をはじめるとよいでしょう。

セラミック矯正という歯の矯正方法

セラミック矯正という歯の矯正方法をご存じでしょうか?既存の歯にセラミックの被せものをして歯並びを美しくする治療法のことを指します。セラミックは黄ばみにくい素材で出来ているので、健康な歯と同様の白さを保ち続けることが出来ます。

 

また、1本あたり5万円程度から治療が可能なので、ワイヤーで矯正するスタンダードな方法に比べて治療費用を安く抑えることが出来ます。治療期間も一般的には2年はかかると言われますが、セラミック矯正を行えば最短1ヶ月で治療が完了します。なぜここまで治療期間が短いのか、その理由は治療方法にあります。

 

セラミックを被せる前にある程度健康な歯を削り調整を行います。その後にセラミックで歯の形を整えます。この方法だとワイヤーで徐々に歯を動かして調整する時間が省けるため短期間で終えることが出来るのです。

 

健康な歯を削らなければいけないというデメリットはありますが、治療費を安く抑えられて短期間で歯並びを矯正できるのは他の矯正方法にないメリットでしょう。固定金具も使用しないので、歯と金具の隙間が虫歯になる心配もありません。低コストで治療したい、歯並びの問題上削る予定がある、すきっ歯がある人にはおすすめな治療法です。


歯列矯正方法の一つがセラミック矯正です。セラミック矯正とは、歯列矯正したい歯やその隣の歯を削り、歯に被せ物をして歯並びを揃える方法です。希望する歯の形にできる、一般的なワイヤー矯正だと2年以上かかるのに対し、早ければ2ヶ月、遅くても数ヶ月で歯列矯正できます。

 

セラミック矯正による歯並びの改善の流れは次のようになっています。歯列矯正に対応した歯科クリニックでは、歯に関わる悩みや要望などを確認するカウンセリングを行います。次に治療計画を立てるために歯のかみ合わせや虫歯の有無など歯の状態を検査し、患者の歯並びや口腔内の状態に応じた治療方法を提案してくれます。

 

またかぶせるためのセラミックの種類も選べます。セラミックには金属フレームを用いたメタルボンド、フレームも全てセラミックのオールセラミック、人工ダイヤモンドに匹敵する強度を持つジルコニアを用いたオールセラミックの3つがあります。治療では歯型を取った後に歯を削っていきます。仮歯はプラスティック製なので、硬いものを食べるさいに注意しましょう。

 

歯列矯正に必要な歯を削ったら歯の色や歯型、かみ合わせを考慮しながらセラミッククラウン(被せ物)を製作し歯に装着すれば、治療も完了です。セラミックには高い耐久性がありますが、期的なメンテナンスを行うことでより長く利用できます。

 

歯並びは人の印象を左右するものですし、歯並びが悪いことをコンプレックスに感じている人は多いです。歯並びを治すのには矯正歯科での歯列矯正がありますが、費用が高くて長期間かかることから敬遠されています。

でも出っ歯を治したいなどの部分的な矯正なら比較的短期間で費用も安く抑えることが出来ますし、中でも若者に人気の歯列矯正というのが、セラミック矯正です。

 

これは既存の歯にセラミックの被せものをする治療法で、審美性を高めることに重点が置かれているのが特徴です。歯の表面にラミネートベニアという被せものをしたり、歯を覆うようにクラウンを被せる方法があって、セラミックはレジンのように変色しないことからいつまでも白い歯でいることが出来ます。治療期間は1ヶ月~3ヶ月とかなり短期間で治療出来るのが最大のメリットであり、1本7万円~15円ほどになります。見た目も美しくなりますし、数本の治療で済むなら出っ歯の治療には向いている矯正法です。

 

デメリットとしては、被せものをする為に既存の歯を削ったり歯髄を抜く処置が必要になるので、健康な歯の寿命を縮めてしまうことになります。他にも様々な矯正法があるので、比較して検討してみることをおすすめします。

治療費が割高という欠点

治療費が安いからという理由で、差し歯を入れる際に保険適用可能な歯を入れる人が少なくありません。

ですが注意が必要なのは、保険適用が可能な差し歯にはそれなりに問題が存在している事です。保険適用が可能な差し歯の問題点としてまず挙げられるのが、見た目が不自然になり易い事だったりします。保険適用の差し歯は、安っぽい作りなので、前歯として入れると不自然さが目立つ事が少なくありません。

しかも同時に変色し易いという欠点も持っているので、それなりに自然な見た目を維持するには、短期間で差し歯を入れ替える必要性があったりします。その上、保険適用可能な差し歯は金属アレルギーの問題を抱えているのです。

というのも金属が含まれているので、使用している内にその金属が溶け出してしまい、歯茎を黒くする等の問題を生じさせてしまいます。その結果、歯が汚く見えてしまうのです。だからこそ、差し歯を入れるのならば、保険適用外ですがセラミック歯にする事をおすすめします。

 

セラミック歯は確かに治療費が割高という欠点はありますが、見た目が自然で変色し難いという大きな利点があるのです。そのため、差し歯を入れても自然な仕上がりが期待出来ます。しかも治療を行えば、長持ちするのでトータル費用で見ると、それ程割高ではなかったりするのです。

しかもセラミック歯には金属が使用されていないので、金属アレルギーを引き起こす心配もありません。差し歯をセラミックにしてみたいと思っているけれども、セラミックにすることは保険が適用されず高い料金を払う必要があるのではないかと思っている方もいるかと思います。セラミックの歯にすることは基本的に保険適用外なのですが素材によっては保険が適用されるものもあります。

 

ハイブリットセラミックというものがあります。これはセラミックと合成樹脂のレジンを混合させた素材で、セラミックの審美性とレジンの柔らかさを併せ持った素材で自然の歯の色に近くなるのが特徴です。小臼歯の部分に銀歯の被せもので目立っていた部分を、ハイブリットセラミックの被せものにして保険診療で安く治療することができます。しかし保険は小臼歯の部分しか適用されずオールセラミックよりも審美性は劣ります。

そして合成樹脂のレジンを使用しているので年数を重ねると劣化して黄色に変色してしまいます。ハイブリットセラミックは銀歯やオールセラミックと比べて材質が軟らかいので歯ぎしりが強い方は穴が開いてしまうことがあります。ですのでオールセラミックと比べると保険が適用されて安く治療することはできますが、オールセラミックよりも審美性や強度、耐久性、寿命などで劣ってしまうようです。

セラミックを利用した歯の治療

セラミックを利用した歯の治療は、費用相場としては基本的に保険外診療となるので、多くの医院で10万円以上はしてしまうケースが多いです。一般的な歯科医院では技術料と義歯の合計金額では平均13万円程度ですが、株式会社Japan Dental Frontierが行っている低価格審美歯科サービスにおいては7.2万円までコストを下げることができます。

複数本まとめて治療を行う場合でも技術料は一律で2.5万円となっているため、例えば一般の医院にて6本分治療を行った場合は78万円くらいまで費用がかさむものが、株式会社Japan Dental Frontierでは30.7万円まで費用を抑えることができます。一般の審美歯科では1本あたり15万円という高額な価格を提示しているところもあります。

 

セラミックが高額と言っても、3万円から5万円程度が一般的であり、治療費自体も自由診療とはいえ10万円もするものでもないので、一般の医院においての治療は費用相場は比較的高額です。株式会社Japan Dental Frontierでは一般の審美歯科でかさみがちな治療費を比較的安価で抑え、相場よりもかなりローコストで満足のいく治療が行えます。


セラミックは、歯が変色せず金属アレルギーもなく利用することができます。保険で行う義歯は、レジンを使用していますが、セラミックは返照しにくく長待ちします。また金属アレルギーによりインプラントが義歯を心配する方にとっては、セラミックは金属使用が一切ないのでアレルギーによる心配をしなくてすみます。セラミックは審美治療になるので、見た目の美しさも考えてくれるのが魅力的です。

 

さらに費用相場が一般的な義歯と技術料が1本あたり100000万円相当であるのに対して、セラミックは700000円強ですませることができます。本数が多くなるほど総合的価格が安く済ますことができるのはとても嬉しいことです。ただこれは歯医者をしっかり選択しないと高額になるので、注意しなくてはいけません。

審美治療は自由診療の為、保険適用外になります。医院によって金額設定が可能ですので高額設定しているところもあるます。実際は保険適用内の価格に少しプラスする金額で済むはずなので、金額の話し合いはきちんとする必要があります。きちんとケアや話し合いをしてくれて、安心した素材を使い技術力もある医院を選び、金額をしっかり確認して算出してもらうことがセラミックの大事なことになります。

前歯など目立つ場所に行うことが多い保険外差し歯

名古屋や大阪、東京では審美歯科を扱っている歯科医院が多く、審美歯科を専門に行っているところも多いです。差し歯は保険外差し歯と保険適用となる差し歯があり、保険外差し歯にする場合歯科医院によって費用が異なるため、どの部分に費用がかかっているのかしっかりとカウンセリングや説明を受けることが必要となってきます。


保険外差し歯は、費用が多くかかることがあるため主に前歯など目立つ場所に行うことが多いです。素材にはジルコニア、セラミックといったものがあり、ジルコニアの方がセラミックよりも費用は高くなります。どちらの素材も白い歯を保つことができ、着色汚れなど歯の黄ばみがつきにくくなります。


セラミックには、オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンドといった種類があります。オールセラミックはすべてセラミックでできているので、この中では費用が多くかかります。また、金属アレルギーの心配もないので、アレルギーがある方にも安心して使用することができます。デメリットとしては、すべてセラミックであるので、欠けやすいということがあげられます。


ハイブリッドセラミックは、セラミックとレジンを合わせた素材でできています。両方の良いところを用いており、安い費用で使用することができます。オールセラミック同様金属は使用していないので、アレルギーの心配はありません。レジンを使用しているため年月が経つにつれ、少しずつ変色していく可能性があります。


メタルボンドは、金属を土台として、表面をセラミックで覆っています。汚れがつきにくく、色も変色しにくいのはもちろんのこと、土台に金属を使用しているため強く噛んでも耐久性を保つことができます。デメリットとしては、歯茎が下がってきてしまった場合、歯と歯茎の部分が黒く見えてしまうことがあります。金属を土台としているので、金属アレルギーがある場合も使用することができません。金属アレルギーがあるかどうか調べてメタルボンドにするか考えると安心です。


ジルコニアはセラミックよりも白い歯を保つことができます。強度があるため、前歯でも奥歯でも使うことができます。特にジルコニアクラウンは費用が最もかかる素材で、人工の骨にも使用される素材です。長持ちしますが、費用と作るのに時間がかかるので、どのくらいの期間が必要なのかを事前に聞いておくことが大切となります。


名古屋の場合、オールセラミックを勧めている歯科医院もあります。素材ごとメリットデメリットがあるので、それをしっかりと説明してくれる歯科医院にかかると良いでしょう。また、保険外差し歯はある程度の年数が経つと劣化してしまうこともあります。差し歯をかえる際にはどのくらいの費用がかかるのかも確認しておくようにします。メンテナンス費用や受診料があらかじめ含まれているところ、カウンセリングが無料なところなど様々な特徴があるので、いきなり決めようとせず、何件かをピックアップしてカウンセリングを受けるようにします。